英語茶道 茶入荘


オンラインで学ぶ英語茶道です。茶入荘です。


今回は茶入荘です。小習いの中で少し格調を感じるお点前です。亭主との問答も楽しみのひとつ。
また、お道具の拝見の仕方も楽しめます。
荘物のお点前の時には、ぜひお気に入りの古帛紗で臨みましょう!

 お水差を運び終えたら、次は仕組まれた薄茶碗を持ち出します。『仕組む』には『arrange』を充て、次のように訳しました。
・Next, the host brings a chawan which is already arranged with chakin, chasen, and chasyaku.

その後に持ち出すのが、茶入の入った濃茶碗です。
この時にはこのように訳しました。
・The host brings another chawan in which a chaire (tea container) is nested.

 荘物には、それぞれ特徴があります。
茶入荘では、以下が特徴となります。
●仕覆を脱がせた後に、古帛紗を水差し左前に広げる→その上にお茶入を置くため
●お茶筅をお茶碗に入れる時、音を立てる
●拝見に出す時に、古帛紗の上にお茶入を乗せて、古帛紗こと正面を改める
●拝見の後のお道具の説明の時に、正客は茶入の由緒を亭主に聞く

 
 動画を見て冷や汗💦
『spread』というべきところを『stretch』と言ってしまいました。言い間違いです。失礼しました。
言いたかったのはこの表現です。
・After undressing the shifuku, spread the kobukusa on the floor, in left front of the water container.

 お茶筅を入れる時、音を立てるのがこのお点前の特徴なのです。その説明をはさむ時間が足りなかったのが悔やまれるところ。こんな風に言えたら良かったです。
・Making a single sound with chasen when in putting it into chawan. The movement is specialized in this temae.

古帛紗ごと正面を改めるところですが、これは丁寧に説明するしかないかなぁ…と思っています。
・Right hand takes upper right angle. Left hand takes bottom left angle. Turn 90degree clockwise twice, so that the guest can see the front.

 そして最後の問答。これがいつもドキドキします。
宗嘉先生はその時によって問答を変えますものですから。私たちは前以て口裏合わせはしないのです。
その場になると忘れちゃうので。
この時の由緒は、茶銘を先生からいただいた時バージョンでした。
・This is from my former teacher when I was bestowed the honorific title, chamei.

 由緒の問答のところは、大好きな瞬間です。
できれば心温まるエピソードを添えたいところ。
亭主と客の心がグッと近くなる時間ですね😊😊




● オンライン茶道 初級・中級・英語茶道コース
・曜日:火、水、木、土、
・時間:午前10時~12時                                 ・オンライン茶道初級・中級英語 茶道コース 月謝:6,000円 ・1ヶ月見放題        ・上級は1回にき+1,000円(上級者資格が必要です。)

● 夜間初級・中級・上級コース 
・曜日:月、水、金 時間:午後8時~8時50分 
・夜間初級 中級 上級コース 月謝:6,000円                         ・上級は1回にき+1,000円(上級者資格が必要です。)

● オンライン茶道 初級・中級・英語茶道コース+夜間茶道コース
・時間:午前10時~12時 午後8時~8時50分                        ・オンライン茶道初級・中級英語 茶道コース 月謝:8,000円 ・1ヶ月見放題          ・上級は1回にき+1,000円(上級者資格が必要です。)

2020年06月05日